<< 霜降2018 〜 栗名月・豆名月 Blog Top
立冬2018 〜 隣の客はよく柿食う客だ

みなさんこんにちは。

農工舎でございます。

本日11月7日は二十四節気のひとつ「立冬(りっとう)」。

暦の上では今日から冬となります。

紅葉が美しく各地見ごろになっていますが、北日本では初雪の便りも届く時期です。

日も短くなり、17時くらいにはもうすっかり暗くなって、仕事していてもさっむいです!

農工舎でも豆刈りに麦まきとまだまだ忙しい日々を送っておりますが、

今年も残りあと2ヶ月、朝晩の寒暖差に気をつけながら頑張っていきたいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

それでは、今回も七十二候で詳しく見ていきましょう。

 

初候 山茶始開(つばきはじめてひらく)​​※11月7日

   →山茶花(さざんか)が咲き始める頃。

 

次候 地始凍(ちはじめてこおる)​※11月12日

   →冬の冷気のなかで、大地が凍りはじめる頃。

 

末候 金盞香(きんせんかさく)※11月17日

   →水仙の花が咲きはじめる頃。

 

 

 

 

 

 

茜色の山もきれいですが、やっぱりさっむーい!(撮影17時すぎ)

 

 

 

と思っていたら!

何とこの時期、今年は11月15日ですが

 

「 七五三 」

 

があるんですねえ。

おいしかったですねえ・・・あの千歳飴(ぇ

子どもの成長をお祝いする行事ですが、

お参りするお子さんたちもあったかい格好にしてあげたいですね^^

それに七五三はだいたい平日に重なってしまって、

週末お参りすると(場所にもよりますが)人がいっぱいですから

下手に風邪とかもらってこないよう、マスクなんかもお忘れずに^-^

 

 

 

 

 

 

余談ですが・・・

先日僕の家でももらってきた渋柿を吊るしました^^

農工舎は滋賀県長浜市にございますが、そのお隣、米原市の

「平核無(ひらたねなし)柿」

という品種です。

熟れさせるとなかなか甘くておいしい柿です。

ご興味ある方は是非ご検索下さい^^

 

 

ホンマに余談でしたー(笑)

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)
次回は・・・ついに「雪」の文字が登場、小雪の頃にお会いしましょう!


 

 

 

| - | 07:30 |
スポンサーサイト
| - | 07:30 |