<< 夏至2018 〜 1年で最も・・・ Blog Top
小暑2018 〜 大雨に警戒!&緑が映える夏空

みなさんこんにちは。

農工舎でございます。

 

 

ここ数日各地で記録的な大雨になっていますが皆さま大丈夫でしょうか?

同じような場所に断続的に発達した雨雲が流れ込み、長時間降り続く異常な天気となっています。

各地で河川の氾濫や土砂災害警戒の情報も出されています。

↓リンクを貼っておきますので、土砂災害や浸水害など項目を切り替えてご利用下さい。

 

→気象庁HP

 

大雨特別警報も発表されています!

ニュースでも呼びかけられていますが、不要不急の外出は避け、常に最新の情報を確認しつつ、

避難情報が出た場合は、周囲の方々と協力して避難していただきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、いつものように記事をお届けしてまいります。

 

本日7月7日は七夕です!

農工舎のある滋賀県長浜市のお隣、米原市にはまさに

「天野川(あまのがわ)」

という川がございまして^^

彦星と織姫の「七夕伝説」で有名です。

今年は短冊にのせてどんな願いをしましょうかねえ^^

 

 

 

一方今日は、二十四節気のひとつ「小暑(しょうしょ)」でもあります。

梅雨が明け、暑さが本格的になってくる頃とされています。

セミも鳴きはじめ、一般的に「暑中見舞い」を出すのもこの頃からです。

暑い夏を乗り切るために、たくさん食べて体力をつけておきたいですね^^

 

ただ暑いからといって水分をとりすぎるのも考え物。。。

胃液を薄め、消化能力が落ちて逆にバテる原因となります。

熱中症にならぬよう、こまめに、適切に、休憩や水分補給するよう努めたいですね。

 

 

 

では、今回も七十二候で詳しく見ていきましょう。

 

初候 温風至(あつかぜいたる)※7月7日

   →雲の間から注ぐ陽がだんだんと強くなる頃。

 

次候 蓮始開(はすはじめてひらく)​※7月12日

   →蓮がゆっくりと蕾をほどき、花を咲かす頃。

 

末候 鷹乃学習(たかすなわちわざをならう)※7月17日

   →5・6月に孵化した雛が、巣立ちの準備をする頃。

 

 

 

 

 

もうすっかり夏の空。

水田の緑が映えます^^

 

まあ・・・この大雨で晴れた時の写真というのがあまりないのですよ(泣)

冒頭の写真のように、麦刈りまでは何とか作業が終わったのに、

その次の作業に移ろう・・・というこのタイミングでの大雨。

僕たち現場班にとってはいい休息になっているのは事実ですが、

こうも降り続いてしまうと、現場仕事がまったく進みませんorz

 

 

て、てるてる坊主つくろっかな・・・

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)
次回は、小があれば大がある・・・大暑の頃にお会いしましょう!


 

| - | 07:30 |
スポンサーサイト
| - | 07:30 |