<< 啓蟄2018 〜 冬眠から目覚める Blog Top 清明2018 〜 さくら満開 >>
春分2018 〜 育苗準備・着々と

みなさんこんにちは。

農工舎でございます。

本日3月21日は二十四節気のひとつ「春分(しゅんぶん)」。

昼の長さと夜の長さが同じになる頃とされています。

思えば去年の12月末が、1年で最も昼が短い「冬至(とうじ)」でした。

あれから早3か月。

これから夏至(げし)まで陽が長くなっていきます!

 

初候 雀始巣(すずめはじめてすくう)※3月21日

   →雀が巣を作り始める頃

 

次候 桜始開(さくらはじめてひらく)※3月26日

   →全国各地から桜の開花の便りがが届く頃

 

末候 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)※3月31日

   →春の訪れとともに、恵みの雨を呼ぶ雷が遠くの空で鳴りはじめる頃

 

 

 

一方、今日は「(春の)彼岸の中日」でもあります。

なんだか今週は雨の日が多いわけですが・・・

みなさんもお墓参りには行かれたでしょうか?

 

 

 

おっと!忘れるところだった

そういえば、各地で桜開花の便りが届くようになりましたね^^

というわけで!

 

→2018桜の開花情報(気象庁HPへ)

今年も載せておきまーす!

 

 

 

 

 

さて、

春になって農工舎も育苗準備で忙しくなってきております^^

↑は種もみを温湯消毒している1枚。

これは種もみに、病気の原因となるカビや細菌がくっついていることがあるため。

カビや細菌だったら薬剤で・・・という方法も確かにあるのですが・・・

農工舎ではなるべく薬を使わないという方針のため、熱湯の中に一定時間漬ける、この温湯消毒を採用しています。

写真では湯が冷めないようフタをして中身は見えませんが、

ぶくぶくとしたお湯の中を種もみが踊る様は、まさに温泉です(笑)

 

 

 

 

育苗ハウスの方も

写真はビニルシート張る前の、骨だけの1枚ですが、準備を進めております!

中央奥にまだ雪の残る伊吹山が望めますが、空はすっかり春の青空です。

ここ数週間の暖かさや雨などもあって、山の雪は今はもうほとんどありません。

その代わり春になって飛んでくる花粉か何かで視程の悪い日もあったりしますが(´・ω・)

 

みなさんもお気をつけてー(´・ω・)

 

 

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)
次回は・・・清明の頃にお会いしましょう!


 

| - | 07:30 |
スポンサーサイト
| - | 07:30 |

ブログ内検索

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

最近の記事

年間予約のご案内

商品カテゴリから選ぶ

FAX用注文用紙ダウンロード

有機JAS認証