<< 立春2018 〜 節分のち春到来 Blog Top 啓蟄2018 〜 冬眠から目覚める >>
雨水2018 〜 たぬき君復活

みなさんこんにちは。

農工舎でございます。

本日2月19日は二十四節気のひとつ「雨水(うすい)」。

文字通り、雪が溶けて雨に変わる頃とされています。

前回雪にまみれていた会社玄関のたぬき君もすっかり元通り(笑)

さて、いつものように七十二候でさらに詳しく見ていくと・・・

 

初候 土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)※2月19日

   →冷たい雪が暖かい春の雨に代わり、生きている大地に潤いをあたえる頃。

 

次候 霞始靆(かすみはじめてたなびく)※2月24日

   →気温が少しずつ上がり始め、霞がたなびき始める頃

 

末候 草木萠動(そうもくめばえいずる)※3月1日

   →ほんのりと薄緑に色づく草花の芽が見られる頃

 

 

 

なるほど暦の上でもだんだんと暖かくなってくる様子がうかがえるわけですね。

そういえば先日、北陸や中国地方など「春一番」が吹いた地域もあるようです。

えっと、昨年の記事でも取り上げたのですが・・・

気象で言うところの「春一番」とは

 

「立春から春分の期間、その年で一番最初に吹く強い南風」

 

とされています。

キャンディーズの名曲ではないのであしからず・3・

そして!ここが重要なのですが・・・

春一番の次の日は大体「寒の戻り」というものがセットでやってきます^^

一転して肌寒い日となりやすいのでご注意ください(´・ω・`)

 

 

 

 

 

さて、

引き続き、僕たち現場は有機の田んぼにまく米糠ペレットを作っております。

目標は400袋くらいですが、間に合うかな・・・

それに連日作業していると、乾燥に使う灯油のにおいが結構作業着について取れません(笑)

帰宅して速攻で風呂&洗濯ですが(

 

 

 

一方、

5月連休を中心とした苗配達も次々とご注文頂き、誠にありがとうございますm(_ _)m

2月末までご注文を承った後、農工舎の作付計画も合わせた

トータルでの播種、種まきの予定を組んでいきます。

もちろん毎年のことながら第1回の種まきは

 

「一粒の種が万倍にも実る」

 

とされる「一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)」の予定です!

そうだ、そこらへんも会議資料として下調べしておかなければ!

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)
次回は・・・冬眠していた虫たちが目覚めます、啓蟄の頃にお会いしましょう!


 

| - | 07:30 |
スポンサーサイト
| - | 07:30 |