<< 「長月の拾捌・秋分」 〜 収穫の秋・弔いの秋 Blog Top 「神無月の弐拾・霜降」 〜 2017稲刈り籾摺り完了! >>
「神無月の拾玖・寒露」 〜 一雨一度

みなさんこんにちは。

農工舎でございます。

本日10月8日は二十四節気のひとつ「寒露(かんろ)」。

今年「拾玖」番目(=19番目)にご紹介するこの日は、朝晩の冷たい空気で草木に露が宿る頃とされています。

先日も十五夜の夜はよく晴れて、きれいでしたね^^

雲ひとつなく、まんまる満月が見れたわけですが、裏を返せば遮るものが何もなく、

「放射冷却現象」

によって、大変よく冷え込んだわけです。

また今回の記事タイトルにしたように、この時期は雨が降る度に空気がひんやりと下がっていきます。

北日本では初冠雪の便りも届き、そろそろ紅葉情報もよく耳にする時期です。

秋物・冬物への備えもしないとですねー^^

 

 

 

 

 

さて、10月となり29年度産新米の販売も本格的に開始しております。

↑は収穫したお米を籾摺りし、検査を受けている様子。

ずらっと並んだパレットが壮観だったりします(笑)

 

 

 

 

最後に今回の稲刈り動画です。

1町歩の広さを少しでも感じてもらえれば幸いです^^

【農工舎2017】稲刈り風景動画(面積1町歩・コシヒカリ編)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)

次回は・・・露が凍って霜になります、霜降の頃にお会いしましょう!


 

| - | 07:30 |
スポンサーサイト
| - | 07:30 |

ブログ内検索

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

最近の記事

年間予約のご案内

商品カテゴリから選ぶ

FAX用注文用紙ダウンロード

有機JAS認証