夏至2018 〜 1年で最も・・・

みなさんこんにちは。

農工舎でございます。

 

先日、大阪府北部を震源とする最大震度6弱の地震がありましたね。

農工舎のある滋賀県長浜市でも、被害はなかったのですが、久々の大きな揺れ(震度4)を観測しました。

改めて、今回被害にあわれた方々にお見舞い申し上げます。

 

またこの地震の影響で、ご注文いただいた弊社商品の到着が遅れる可能性もございます。

特に時間指定でご注文いただいたお客様にはご迷惑をおかけするかと思われます。

何卒ご理解いただきますようよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

それではいつものように記事をお届けしていきますね。

本日6月21日は二十四節気のひとつ「夏至(げし)」。

1年で最も昼の長さが長くなる日です。

太陽高度がもっとも高くなる(=北半球での話です)ので、

昼間にできる影も最も短いのが特徴です。

また1年で最も昼の長さが短い、すなわち冬至が昨年末12月22日でした。

あれからもう半年。

1年はあっちゅう間に過ぎていくものですねえ@@

 

 

 

当然ですが(笑)

 

 

 

 

では、今回も七十二候で詳しく見ていきましょう。

 

初候 乃東枯(なつかれくさかるる)※6月21日

   →冬至の頃に芽を出した「靫草(うつぼぐさ)」が枯れていく頃。

    この花穂は夏枯草と呼ばれ、日本だけでなく世界中で生薬として昔から利用されてきました。

 

次候 菖蒲華(あやめはなさく)​※6月27日

   →アヤメが花を咲かせる頃。

    アヤメが咲くと、梅雨到来といわれていました。

 

末候 半夏生(はんげじょうず)※7月2日

   →半夏とは烏柄杓(からすびしゃく)という植物の別名で、この毒草が生ずる季節という意味です。

    また田植えの目安とされ、この頃までには田植えを終えるべきとされていました。

 

 

 

 

 

さて、


梅雨になって雨の日が増えてきました。

むしむしと、僕個人にとってはなかなか堪える季節ですが、

日々現場班は残りの田植えをし、麦刈りをし、また早くに植えた田んぼでの中干し溝切りなどもやっております。

そういえば畦草もだいぶ伸びてきてしまいました・・・

晴れ間を見てまた草刈りにいかねば><

 

 

 

そんなこんなで、やることは頭いっぱいな現場からでしたー

 

 

 

 

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)
次回は小暑の頃にお会いしましょう!


 

| - | 07:30 |
芒種2018 〜 じめじめ・むしむし

みなさんこんにちは。

農工舎でございます。

本日6月6日は二十四節気のひとつ「芒種(ぼうしゅ)」。

稲の穂先のような芒(ノギ)を持つ穀物の種まきをする頃とされています。

ただ今は農業の技術も進歩していますし、暦で言うところの時期よりかは早くなっていますね。

ちなみの↑は収穫間近の大麦です。

残念なことに今日は西から雨という天気ですが、晴れると青空とのコントラストを楽しむことができます^^

 

 

 

では七十二候で見ていきましょう。

 

初候 蟷螂生(かまきりしょうず)※6月6日

   →秋に産み付けられたカマキリの卵から、幼虫が孵化する頃

 

次候 腐草為蛍(くされたるくさほたるとなる)​※6月11日

   →ホタルが暗闇に光を放ちながら、飛び交う頃

 

末候 梅子黄(うめのみきばむ)※6月16日

   →梅雨入りと同じくして、梅の実が薄黄色に色づく頃

 

※ちなみに6月11日は入梅(にゅうばい)でもあります^^

 

 

 

 

 

さて

(↑は芽出し機に止まっていた「シオカラトンボ」)

梅雨時期となり、連日じめじめとしていますね。

食中毒のニュースも聞かれるようになってきました。

僕は個人的に高温多湿なこの時季が大の苦手です><

でももう少し田植えもありますので。。。

 

がんばります!

 

 

 

 

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)
次回は1年で最も昼の長い日・・・夏至の頃にお会いしましょう!


 

| - | 07:30 |
小満2018 〜 生命力が満ちる

みなさんこんにちは。

農工舎でございます。

本日5月21日は二十四節気のひとつ「小満(しょうまん)」。

 

「陽気盛んにして万物しだいに長じて満つる」

 

という意味で、木々が若葉に覆われ、青々しく万物の成長する頃とされています。

生命力が天地に満ち、エネルギッシュな景色が広がります^^

 

七十二候で見ますと・・・

 

初候 蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)※5月21日

   →蚕が食べる桑の葉をたくさん茂る頃

 

次候 紅花栄(べにばなさかう)※5月26日

   →紅花の花が咲きほこる頃

 

末候 麦秋至(むぎのときいたる)※5月31日

   →麦が熟し、たっぷりと金色の穂が実り始める頃

 

 

 

 

 

さて、

連休からのお客さんへの苗配達もひと段落し、僕たち農工舎の田植え作業も本格化しています。

↑は有機の圃場にまいている有機肥料(=油かす)です。

先日も冒頭写真のブロキャスでまいてまいりました^^

 

 

 

 

それにしても、季節はどんどん進んでいきますねえ。

昨秋にまいた麦も↑こんなに立派に!

沖縄や奄美でも梅雨入りしたみたいですし・・・

 

というわけで今年も貼っておきまーす

→平成30年の梅雨入りと梅雨明け(気象庁HPリンク)

 

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)
次回は・・・芒種の頃にお会いしましょう!


| - | 06:30 |
立夏2018 〜 みずかがみの中、苗配達中!

みなさんおはようございます。

農工舎でございます。

本日5月5日はご存じ「こどもの日」。

そして二十四節気のひとつ「立夏(りっか)」です。

暦の上では今日から夏が始まります。

この時期は田植えのために田んぼに水を張るため、

あっちこっちで「みずかがみ」を見ることができます。

この日も・・・ちょっと曇ってますが、伊吹山が映っておりました^^

 

 

 

初候 蛙始鳴(かわずはじめてなく)※5月5日

   →春先に冬眠から目覚めた蛙が野原や田んぼで元気に活動を始めて鳴き声が盛んになる頃

 

次候 蚯蚓出(みみずいずる)※5月11日

   →冬眠していたミミズが土の中から出てくる頃

 

末候 竹笋生(たけのこしょうず)※5月16日

   →たけのこが生えてくる時期

 

 

 

 

 

 

ちなみに・・・

滋賀県では独自品種の「みずかがみ」という品種のお米がございます。

どうぞこの機会に覚えていただければと思います^^

 

 

 

 

 

さて、

この大型連休を利用して、みなさん一斉に田植えをされます。

ですので、僕たち農工舎でも苗の配達がピークになるわけです。

↑の写真のように軽トラやトラックに積み込んで

お客さんの田んぼまで運搬しております^^

というわけで今日も早朝からの配達のため、

記事更新がいつになく朝早くになりました。

失礼いたしましたm(_ _)m

 

一方、写真がなくて申し訳ないのですが、

お客様から委託された田植え、また合間を見て自分たちの田植えも進めておりますよー

 

 

 

 

 

おっと!

すっかり日焼けしてしまった(笑)

 

 

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)
次回は・・・小満の頃にお会いしましょう!


 

| - | 05:30 |
穀雨2018 〜 恵みの雨

みなさんこんにちは。

農工舎でございます。

本日4月20日は二十四節気のひとつ「穀雨(こくう)」。

春雨が降って百穀を潤す頃とされています。

田畑もこの雨で潤され、新芽の成長も促されます。

またこの時季は南からの暖かく湿った空気で低気圧が発達し、

その通過のタイミングで風雨が強まったり、場所によっては雹が降ったりと

春の嵐になることもあるようです。

今年の場合は早くに暖かい日が来て、桜もすっかり散って葉桜となってしまいましたが、

その点、この時期の雨はひんやりと肌寒く感じたりします。

衣替え、服装選びも悩ましいところですね^^;

 

では七十二候にて・・・

 

 

初候 葭始生(あしはじめてしょうず)※4月20日

   →イネ科の多年草で、水辺に広く自生する葭が芽吹き始め、緑一色に輝き始める頃

 

次候 霜止出苗(しもやみてなえいずる)※4月25日

   →気温が暖かくなり、北国でも朝晩の霜が降りなくなって、苗もすくすくと育つ頃

 

末候 牡丹華(ぼたんはなさく)※4月30日

   →牡丹が開花し始める頃

 

 

 

 

 

さて、

ハウスの苗もすくすくと成長しております^^

青々とした様はまさに春らしい光景です!

 

夏も近づく八十八夜〜♪

 

去年も少し触れたこの茶摘み歌ですが、

八十八夜とは立春から数えて88日目の夜のこと。

八十八を組み合わせると「米」という字になりますから、

昔から農業に従事する人々にとって重要な日とされてきたわけです。

今年の場合は5月2日。

 

まさにお客様へこの苗たちをお届けする頃でございます^^

どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

それでは今回はこのあたりで(´・ω・`)
次回は・・・もう夏の到来、立夏の頃にお会いしましょう!


| - | 07:30 |

ブログ内検索

カレンダー

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

最近の記事

年間予約のご案内

商品カテゴリから選ぶ

FAX用注文用紙ダウンロード

有機JAS認証